アワフキムシは、泡の中に幼虫がいます

アワフキムシは、よくバラにいるのをみかけますが、体長は1cmくらいのセミのような姿をした虫です。幼虫が出す泡が薔薇の美観を損ねております。枝葉についている泡の中に幼虫がいます。幼虫は泡を分泌しながら吸汁し、泡の中で成長します。アワフキムシを見かける時期は6月頃に多く、被害は小さいのですが、植物が泡で見苦しくなります。この幼虫を見つけたら捕殺してください。成虫は早く動いておりますが、幼虫は動作が鈍いので簡単に捕まえることができます。アワフキムシをよくみかける植物は、ブルーベリー・キク・ヤマブキ・薔薇・アジサイなどです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック