カイガラムシは貝殻をかぶったような姿

カイガラムシは、貝殻をかぶったような姿をしている害虫です。カイガラムシは、植物に寄生して吸汁し、吸汁した後、甘い汁を出し、すす病を併発したりします。カイガラムシの孵化したばかりの幼虫は植物の上を移動し、その数時間後に脚が退化して幹や枝に固着して生活します。発生時期は、4月~10月頃でよく、アイビー・カキ・桃・イチジク・ウメ・薔薇・アジサイなどにいます。カイガラムシは風通しが悪いと発生しやすいため、込み合った枝は剪定します。枝や幹についている成虫は、葉や芽を傷つけないように歯ブラシでこすり落とします。カイガラムシは、厚い殻で覆われているので薬が効きにくいですが、孵化したばかりの幼虫にはよく効きますので、幼虫が現れる4月~6月に2回くらい薬をまいておくと良いと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック