縮葉病は、葉がよじれたりします

縮葉病は、桃の木を育てたことがある人なら見たことはあると思います。縮葉病は芽吹きから葉が開く時期にだけ発生しております。開いて間もない若い葉が縮れて膨らんで紅色に変わってきて最後に白いカビが発生します。火ぶくれのように赤くなって膨らみますのですぐにわかるかと思います。これを見たら病葉は元から切りとって焼却処分するのがよいでしょう。これはカビの一種なので白いカビがでる前に処分して翌年に胞子が飛ばないように注意しましょう。縮れた葉は元の部分からとり除き、落ち葉・落果した果実もすぐに集めて焼却処分してください。焼却が無理なら地中深くに埋めてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック