てんぐ巣病

てんぐ巣病は、山を歩いている人なら見たことあると思いますが、枝の一部がこぶになり、そこから細い枝がでていて、まるで鳥の巣のようになっている状態のことです。私は、かなり山を歩くので、場所によってはかなり見ることがあります。最初見たときは、鳥の巣かとおもいました。てんぐ巣病は、茂りすぎた枝を剪定して風通しをよくすることです。これになりやすいのは、カエデ・モミジ・サクラ等です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック