ゾウムシ

ゾウムシは、ぞうに似ていることからつけれた名前で、形がぞうに似ております。この虫はクヌギやコナラの新芽を食害したり、なんと熟した果実もかじるのでやっかいな昆虫です。若芽・茎・蕾を食害しながら、傷をつけ産卵して増えていきます。新芽や蕾を観察しながら被害を見つけたら、成虫を見つけて捕殺します。被害を受けている部分は、地面に落ちているものも含めて早めに処分します。この被害が発生しやすいものは、大根・ビワ・にんじん・梅・桃・バラなどです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック