胴枯病

これは、枝の切り口や害虫の食害痕などから病原菌がはいって、内部から腐敗していき枯れていく病気です。また、ここからカミキリムシなども入っていく可能性があるので、見つけたら早めに処置をすることが大切です。太い枝の剪定を行ったりすると発生しやすくなるので、おこなったあとには、墨汁やロウを塗っておくと病原菌の侵入を防ぐことができます。発生しやすい植物は、サクラ、モモ、リンゴ、栗、カエデ、サクラなどです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック