根こぶ病

根こぶ病は、私の畑では、チンゲンサイがなったことがあり、葉や株全体が元気がなくなり、しおれてきて根を掘り出してみると枯れています。掘り出した根をよくみてみると、あちこちにコブができております。この根こぶ病は、一度発生すると病原菌が長期間生存するので再び発生するやっかいなものです。発病したチンゲンサイとその根のコブも土中に残さないように抜き取り、まわりの土も処分したほうがいいです。とくに水はけが悪く酸性の土で発生しやすいです。チンゲンサイの他にも、ブロッコリー、大根、コマツナ、カブ、ハクサイなどに多いみたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック