ジャガイモ

ジャガイモを育てていると、7月頃に葉が網目状に食害されていることがあります。これは、テントウムシダマシといって、テントウムシに似ていて、背中に黒い斑点がたくさんあるのでわかるかと思います。これの被害にあうと、葉を網目状に食害していき、やがてその葉は、褐色になり枯れていきます。成虫がたくさんいると幼虫もいるので見つけ次第、捕殺してください。あと、ジャガイモがへこんでいて、大きなかさぶたのような状態になっている時がありますが、これは、そうか病といいます。アルカリ性に乾いた土壌に多く見られます。完熟堆肥を使用してみずはけをよくしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック