スイカ

スイカを栽培しているといろいろな症状が現れることがあります。茎の地際が水がしみたような褐色になり、そのまま放置しておくと、灰色になってきて全体が枯れていきます。これは、つる枯病といって、枯れた葉や茎に黒い小さな粒があるのが特徴的です。梅雨の季節には、スイカの苗の地際部が黒くなって腐り、細くくびれて倒れます。これは土中にすむカビが原因になっています。また、全体に黒い小さな虫がたくさんいるときがありますが、これは、ワタアブラムシといって、あらゆる部分に寄生して吸汁し、スイカの生育を阻害していきます。排泄物からすす病を発生させるのも問題となっております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック