灰星病

この症状はみたことある人が多いと思いますが、梅を栽培していると、梅の実が茶色いような色になっているときがあると思います。これが灰星病です。水じみのような褐色の病斑がどんどん大きくなっていき、やがて果実全体が腐敗してカビが生えてきます。このままにしておくと、病気になった果実が、しわしわになったまま、木についているので、ここから病原菌が飛び、伝染源となるため、このような状態になった果実は見つけ次第、取り除き、落下している果実も拾い集め処分してください。発生時期は、春から秋にかけてでます。梅・サクランボ・スモモ・モモ・リンゴなどは注意してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック