ダイコン

ダイコンを栽培しているときに、葉に何やら濃い緑色のモザイク模様ができてきたことは、ないでしょうか?これは、アブラムシがたくさんいることでおこる病気で、放置しておくと、葉が奇形になり、根もやせてきます。アブラムシを見つけたら早めに駆除しましょう。それと、ダイコンの根にこぶができてきた場合は、根こぶ病といって、大小いろいろなコブができてきます。コブの中に細菌が寄生しているので、生育が悪くなっていきます。見つけたら、カブごと引き抜き、まわりの土も処分してください。あと、葉が食害されていき、よくみると黒いような幼虫がいるときは、これは、カブラハバチの幼虫です。放置しておくと、ダイコンの葉の軸だけ残してあとは、全部食べてしまいますので、見つけ次第、捕殺してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック