トウモロコシ

トウモロコシを栽培していると、雌穂の子実に白い膜で覆われた菌コブができてきて、やがて膜が破れると中から黒い粉の病原菌がでてきます。これは黒穂病といい、梅雨時期になると発生するので、水はけをよくしておくとよいです。また、新葉の葉脈に沿って緑色の濃淡が筋状に入ったり、葉に黄緑色のモザイク状の模様ができてきて多発することがありますが、これはモザイク病といいます。アブラムシが原因でなりますので、早めにアブラムシ対策をおこない、発病してしまったら早めに抜き取って処分してください。あと、茎や雄花、子実が食害されていき、収穫できないような状態になっているときは、アワノメイガという蛾の幼虫が原因になっているので、見つけ次第、捕殺してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック