ナスにおこる症状

ナスを栽培していると、葉がしおれてきたり、株の片側が黄色くなってきたりすることがあります。これは半身萎凋病といい、放置しておくと、全体が枯れてきて、根も褐色になり腐っていきます。
葉にうどん粉をまぶしたような白いカビが生えてきたような状態になったら、これは、うどんこ病といい、放置しておくと光合成の働きが悪くなるので果実の発育が悪くなっていきます。
あと、元気だった株が葉がしおれてきて、葉が緑色のまま急にしおれてきた場合は、青枯病になっている可能性があります。そのままにしておくと根は褐色になって腐っていきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック