ホコリダニは、肉眼でみることが困難

ホコリダニは、あまりにも小さいので肉眼で確認することが困難になるため、被害が広がりがちになります。群生して吸汁する害虫なので葉や花が変形したりします。ホコリダニの体長は、0.2mmくらいと、とても小さく気がつかない人が多いと思います。被害にあっても、他の害虫のように葉がかじられて穴が開いたりするわけではないので、虫による対策を謝ることが多いです。繁殖力が強く被害が拡大するので、葉の奇形などが見られたら、すぐに殺ダニ剤を葉裏にもかかるように散布しましょう。蕾の中は薬剤がかかりにくいので、変形した蕾を取り除いてからおこないます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック