ネギに出てくる症状

ネギを栽培しているといろいろな症状がでてきます。その中で私がみつけた症状はこれです。ネギの青い部分の所に何かくっついていたのでよく見てみると蛾の幼虫でした。これは幼虫が葉肉の中にもぐり、表皮を残して食害するため線状の白い食痕が残り、これが多発してくると葉全体が白くなっていきます。この被害を防止するには、成虫の飛来を防ぐためにネットなどをかけるとよいです。白い筋がついた葉は、取り除き虫とともに処分します。あと、黒い小さいものがたくさんついているときは、アブラムシなので、これを放置しておくと成虫と幼虫が葉を吸汁加害し、成長を阻害し、ウイルスを媒介するので、早めに駆除剤をまいておきましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック