白菜にでてくる症状

白菜を栽培しているといろいろな症状がおこってきます。春先になるとモンシロチョウが飛んでくると思いますが、知らないでいるといつの間にか、青虫がたくさんでてきて、葉を食べられてしまった経験があるかと思います。この対策は、防虫ネットで覆ったりしてモンシロチョウの飛来を防ぎましょう。青虫がでてしまったら見つけ次第、捕殺いたしましょう。10月頃になると、地面に接する葉柄などに水がしみたような斑点ができ、知らないでいると次第に拡大して褐色に変わっていき、腐敗していきます。この症状が発生してしまったら、すぐに株をぬきとり、まわりの土も処分いたします。そのほか、黒くて光沢がある虫がでますが、これは、ダイコンハムシといって葉に小さな穴を開けて食害していきます。虫に触れると転がって逃げますので、丁寧に捕り捕殺しましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック