ヨトウムシ

ヨトウムシは、イモムシ状の幼虫で昼間は、葉の陰・木の陰・土の中などに隠れ、夜になるとでてきて活動するため見つけづらい害虫です。この幼虫の卵は、黄土色の毛で覆われております。ここで幼虫が孵化すると最初は葉裏に隠れて群生しておりますが、成長すると分散して食害していくので、気がつかないでいると株が丸坊主にされてしまいます。幼虫は、見つけ次第、捕殺し、日頃から植物をよくみて観察し、駆除するようにしてください。一番よいのが、葉裏に卵をみつけたら、葉をとりのぞき、そのまま処分してください。大きくなった幼虫は隠れているので、探して見つけてから捕殺します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック