カリフラワー

カリフラワーを栽培していると白い粉で覆われた暗緑色の虫が葉裏や新芽につき、粉を吹いたように見えます。これは、ニセダイコンアブラムシといい、群がって吸汁加害しモザイク病を媒介します。これになってしまったら、株間を十分に取り、風通しをよくして栽培します。また、葉の表面に淡黄色で不揃いの斑点ができ、葉裏には霜状のカビが生えてきたりします。これはベト病といい、雨が多いときや多湿のときに発生します。高畝にして水はけをよくしてあげましょう。病気の株は処分するようにしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック