サラダナ

サラダナを栽培していると黒い幼虫がいるときがありますが、これはハスモンヨトウといってチョウ目ヤガ科スポドプテラ属の蛾の幼虫になります。7月になると多く発生しますので、見つけ次第捕殺してください。この幼虫は夜行性なので、糞をみつけたら土中や株にいる幼虫を探してください。あと、ひげが長く全体に赤っぽいようなアブラムシがたくさんいるときがありますが、これはタイワンヒゲナガアブラムシといって葉にびっしりとついて吸汁していきますので葉の生育が衰えていきます。見つけ次第、葉ごと処分してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック