クレマチス

クレマチスを見ていると、たまに、葉に褐色や黒い小さな斑点ができ、しばらくたつと楕円形に広がっていきます。これは、褐斑病といって、多発すると葉が枯れていき、落葉したりしていきます。風通しが悪いと発病しやすいので、葉が茂りすぎないように剪定します。症状が現れている葉は、摘み取り、処分してください。あと、葉の表に円形で橙色の病斑がでることがあります。これは、赤星病といって、病斑が大きくなると葉の裏側に毛のようなものが伸びて胞子を飛ばします。このままにしておくと、葉は黄変して枯れていきます。被害にあった葉は取り除いて、風通しがよいように剪定しましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック