シャクナゲ

シャクナゲが庭にあると、たまに葉に、褐色で円形の病斑ができるときがあります。この病斑が大きくなっていくと、中央部が灰白色でまわりが褐色に変化し、やがて黒い小さな粒がでてきて枯れていきます。これは、炭そ病になりますので、発病した葉をみつけたら取り除いて、剪定して風通しもよくしてあげます。また、ツツジグンバイという虫がいるのですが、成虫と幼虫が葉の裏に寄生して吸汁加害していきます。この被害が大きくなっていくと、葉はカスリ状になり、葉の色も黄色くなり、生育が悪くなっていきます。成虫も幼虫も見つけ次第、捕殺してください。落ち葉も綺麗にして処分してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック