ツバキ

ツバキの葉に、黄白のまだらの斑紋がでるときがあります。これは、斑葉病といいます。放置しておくと、葉の全面が黄白色になっていきます。この状態になっている場所から枝を切り、処分してください。あと、輪紋病といって、葉に同心円状の黄色の病斑ができ、葉全体がだんだんと黄変していき、最後には落葉していきます。これは、アブラムシが媒介するウイルスが原因になっていますので、茂りすぎた葉は剪定して風通しを良くしてください。発病した葉や落ち葉はすべて処分してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック