サツキ

サツキの新しい葉に、葉が焼いた餅のように膨んでくることがあります。そのままにしておくと、白い粉に覆われ、褐色になって枯れていきます。この白い粉はカビの胞子になっているので、これが飛散して被害が拡大していきます。病気になった葉は、白い粉に覆われる前に除去します。茂りすぎた葉は、剪定して日当たりと風通しをよくします。また、花びらにしみのような小さな斑点が現れ、どんどん広がっていき、褐色になって腐っていきます。これは、灰色かび病といって、梅雨時や湿度が高いと発生しやすいです。花ガラは、菌がつきやすいので、こまめにつみとります。植物が弱ると発生しやすいので、日当たりと風通しをよくします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック