トマトにできた褐色腐敗病

トマトの葉に、ぼやけたシミができ、よくみると暗褐色の病斑ができてきて、やがて腐っていき白いカビが生えてきます。これは、褐色腐敗病といいます。病原菌は、土壌中にいて、雨や水やりのときの泥跳ねからトマトに伝染するため、梅雨時期はとくに注意してください。水はけが悪く、地表に水がたまりやすいと多発するため、水はけのよい土に植えるようにしましょう。発病してしまったら、株を早めに除去し、土も取り除きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント