トマトにできた褐色腐敗病

トマトの葉に、ぼやけたシミができ、よくみると暗褐色の病斑ができてきて、やがて腐っていき白いカビが生えてきます。これは、褐色腐敗病といいます。病原菌は、土壌中にいて、雨や水やりのときの泥跳ねからトマトに伝染するため、梅雨時期はとくに注意してください。水はけが悪く、地表に水がたまりやすいと多発するため、水はけのよい土に植えるようにしましょう…
コメント:0

続きを読むread more