シャコバサボテンについた白い虫

シャコバサボテンを持っている人は、多いと思います。このサボテンには、たまに、白くて小さな虫がたくさんつくときがあります。これは、サボテンシロカイガラムシで、2mmくらいの虫で、吸汁加害していくので、数が多くなってくると、すす病などになって汚れていきます。全体もきたなくなり生育も悪くなってきます。近年の温暖化でかなり増えてきたと思います。みつけたら、歯ブラシでこすったり、薬をまいておくとよいと思います。あと、選定をして風通しもよくしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント