すす病

すす病は、葉の表面にすすのような黒いカビが生えるので見たらすぐにわかるかと思います。このカビは植物に直接寄生せずにアブラムシなどの排泄物を栄養にして繁殖していきます。すす病の原因となっているのは、アブラムシ・カイガラムシなどが原因なのでみつけたら駆除していきます。多くついている葉を切りとり、落ち葉も処分します。日当たりや風通しが悪いとどんどん増えるので剪定して環境をよくしてください。すす病が発生しやすいのは、ウメ・ミカン・サルスベリ・ツバキ・ゲッケイジュなどです。

"すす病" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント