リンゴの赤星病

りんごの葉にオレンジ色の斑点が現れ、徐々に大きくなっていった場合、赤星病になっております。
赤星病は、サビ病と呼ばれるサビ病菌によって葉が変色していきます。
葉の裏をみるとひげのようなものがでており、ここから胞子を飛ばして移動します。
被害にあった葉は、黒褐色の大きな斑点ができて、やがて枯れていきます。
4月頃になると発生しやすいので、葉の表面の色をチェックしましょう。

"リンゴの赤星病" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント