サクラの木にできた、根頭がんしゅ病

私の実家の家には、サクラの木がありますが、この木が根頭がんしゅ病になってしまったことがあります。この病気は、地際部から根にかけて、コブができる病気です。このコブができてしまうと、木が枯れるまでなくならないのです。土の中にいる細菌が、根の傷などから侵入して発病しているのです。発病すると治療はとても困難になります。そのため予防が必要になってきます。水はけが悪く、土壌の水分が多いと発病しやすいです。このため水はけのよい環境を作り出すことが大切になります。他の木に移ってしまいそうだったので、すぐに掘り出し、回りの土も処分し、土壌消毒をおこないました。次にまた、新しいサクラの木を植えましたが、いまのところ大丈夫みたいです。

"サクラの木にできた、根頭がんしゅ病" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント