カキの葉にいたアメリカシロヒトリ

今年は、カキの葉にアメリカシロヒトリがたくさんいました。このアメリカシロヒトリの毛が皮膚にささると、すごい状態になってしまうので、殺虫剤をまいてから、落ちてくる毛虫を拾って処分しました。カキの葉は、だいぶ食い荒らされておりましたが、カキの実自体は、大丈夫だったのでよく洗ってから食べることにしました。もっと、早く気がつけば良かったと思いま…
コメント:0

続きを読むread more

リンゴの赤星病

りんごの葉にオレンジ色の斑点が現れ、徐々に大きくなっていった場合、赤星病になっております。 赤星病は、サビ病と呼ばれるサビ病菌によって葉が変色していきます。 葉の裏をみるとひげのようなものがでており、ここから胞子を飛ばして移動します。 被害にあった葉は、黒褐色の大きな斑点ができて、やがて枯れていきます。 4月頃になると発生しやす…
コメント:0

続きを読むread more

ほうれん草にいたヨトウムシ

ほうれん草の葉が何かの虫に食べられた後があったので、葉をチェックしていったら、なんとヨトウムシの幼虫がたくさんいました。すぐに幼虫がたくさんいる葉をとりのぞき、処分したので、次の日から、ほうれん草の被害はなくなりました。ここ、数年でなんだか害虫の被害が多くなってきたように思えます。こういうふうに思っている人は、他にもいらっしゃるかと思い…
コメント:0

続きを読むread more

白菜の葉の裏に小さな虫がたくさんいた

知人の畑の白菜をみていたら、葉の裏にびっしりと小さな虫がいました。調べてみるとアブラムシがたくさんいました。赤や緑のアブラムシがはくさいの葉を吸汁加害しており、排泄物で葉がべたべたになっておりました。このままにしておくと、すす病が発生してしまうので、アブラムシがおおくいる部分の葉を取り除いて処分しました。同じような場所が数カ所あったので…
コメント:0

続きを読むread more

ユキヤナギにいたツノロウムシ

ユキヤナギの木を見ていたら、ツノロウムシがいることに気がつきました。この虫は、ロウ物質に覆われたカイガラムシの仲間になります。ツノロウムシの角状の突起がある丸くて白いかたまりが枝について吸汁し、多発すると排泄物にすす病が発生します。日頃から木を見て、虫を見つけたら歯ブラシを使ってこすり落とします。枝葉も剪定して風通しをよくします。
コメント:0

続きを読むread more

ゴマの葉に小さな穴があいておりました。

ゴマの葉に小さな穴がたくさんあいておりましたが、この犯人は、マメコガネでした。このマメコガネは、自分の畑にいるマメコガネを退治しても、ほかの場所からもやってくるのでとてもやっかいな虫になります。農薬をまいておけば大丈夫ですが、農薬をつかいたくないので、ネットを買ってきて上から入れないようにしておきました。温暖化にともなって最近、葉に穴を…
コメント:0

続きを読むread more

白菜の葉に小さな穴が開いていた。

白菜の新芽を鉢にいれて、数日、外に置いておいたところ、葉に小さな穴があいておりました。調べてみたところ、ダイコンハムシかウリハムシの仕業ということが判明しました。被害が拡大しないように対策をしなくてはいけないとおもいました。とりあえず、網をかけておきましたが、成虫をみつけて捕殺しようとおもいます。
コメント:0

続きを読むread more

ウイキョウ・ディル

ウイキョウ・ディルの葉に幼虫がいることがありますが、これはキアゲハの幼虫になります。小さいうちは、気がつきにくいのですが、大きくなると葉を丸坊主にしていくのでわかるようになります。幼虫は見つけ次第捕殺してください。成虫が飛んでいたら近づけないようにするとよいです。
コメント:0

続きを読むread more

インパチェンスつくチャノホコリダニ

インパチェンスにチャノホコリダニがたくさんいることがあります。これは、成虫、幼虫が新葉や新芽などの部分について吸汁するため、生育が悪くなっていきます。そのままにしておくと花が咲かないこともあります。チャノホコリダニは、高温期に発生するので、密植をさけ、剪定して風通しをよくしておきます。
コメント:0

続きを読むread more

ユキヤナギ

ユキヤナギを見ていると枝にロウ物質に覆われた虫がたくさんいることがあります。これは、ツノロウムシといって、カイガラムシの仲間になります。角状の突起がある丸くて白いかたまりが枝について吸汁し、多発すると排泄物にすす病が発生します。この虫を見つけたら、歯ブラシなどをつかってこすり落とします。枝が茂りすぎているときは、剪定して風通しをよくしま…
コメント:0

続きを読むread more

モッコク

モッコクに幼虫が枝の先端の葉を2~3枚ほど糸を使って巣をつくり、その中で葉を食害していきます。食害された葉は、茶褐色になり、見た目も悪くなり枯れていきます。この犯人は、モッコクヒメハマキといい、6月頃に被害が目立ちます。茶色の葉を見つけたら切り取って幼虫ごと処分してください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松喰虫とは

松喰虫とは、マツノザイセンチュウのことをいいます。これは1mm以下の線形の生物が松を食害して葉が急激に黄化し、やがて全体が赤褐色になっていき枯れていきます。この対処法は、発生源の枯れた松はすぐに伐採して焼却処分します。甲虫のマツノマダラカミキリの成虫は見つけ次第捕殺します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マユミ

4月から6月にかけて、葉の裏側にたくさんのミノウスバの幼虫がいることがあります。早めに発見できるといいのですが、わからないでいると、幼虫の成長とともに下の方へ移動しながら食べていくので、木が丸裸になっていきます。このミノウスバの幼虫は、一度発生すると翌年も発せするので注意して下さい。幼虫を見つけ次第、すぐに捕殺してください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マサキ

マサキの葉に、白いうどん粉のようなカビが点々と生えていき、しばらくすると全面に広がっていきます。これは、うどん粉病といって、ひどくなると、植物全体がカビに覆われ生育が悪くなります。枝葉が茂りすぎたときや周囲に病気の株があると多発します。発病した葉や落ち葉は処分し、剪定して風通しをよくします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラにでる症状

バラの葉に、紫黒色のしみたような病斑ができて広がり、しばらくすると黄色くなって落葉します。これは、黒星病といって、多発すると茎もしおれてきます。発病した枝・葉はすぐに取り除き、落ち葉も掃除しておきましょう。また、葉に、うどん粉をまぶしたような白いカビがついているときは、うどんこ病になっております。発病した部分を早めに取り除き、落ち葉も処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボケ

ボケの葉の表に鮮やかなオレンジ色をした斑点ができ、葉の裏をみると、ひげ状の毛が生えていることがあります。これは、赤星病といって多発すると葉が落ちて発育が悪くなります。この葉を見つけたら、すぐに処分します。葉裏の毛から胞子が飛ぶのを防ぐようにします。また、アブラムシがたくさんついているときがありますが、見つけ次第、捕殺してください。枝葉を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナミズキ

ハナミズキの葉に、円形でうどん粉のような白いカビがでているときがあります。これは、うどんこ病といって、このままにしておくと、全面に広がっていき枯れていきます。枝葉が茂りすぎたり、まわりに病気の枝葉があると多発しますので、病気の葉や落ち葉を処分し、剪定して風通しをよくしてあげましょう。また、アメリカシロヒトリという白くて長い毛をもった毛虫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サツキ

サツキの新しい葉に、葉が焼いた餅のように膨んでくることがあります。そのままにしておくと、白い粉に覆われ、褐色になって枯れていきます。この白い粉はカビの胞子になっているので、これが飛散して被害が拡大していきます。病気になった葉は、白い粉に覆われる前に除去します。茂りすぎた葉は、剪定して日当たりと風通しをよくします。また、花びらにしみのよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツツジにいる害虫

家のツツジの手入れをしていると、幼虫がたくさんいて、葉をたべていることがあります。この幼虫は、緑色で頭が黒く、側面に黒い斑点がいくつも並んでいます。この幼虫をそのままにしておくと、集団で葉の縁から葉脈をを残してすべて食害していきます。この幼虫を見つけたらすぐに捕殺してください。あと、葉裏に、相撲の行司がもつ軍配の形の羽をした虫がいること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サザンカ

サザンカの葉に、びっしりと小さな虫がついていることがあります。これは、コミカンアブラムシといって4月頃に発生し、葉や梢に群生して吸汁加害します。吸汁されると芽の伸びが止まり、生育が悪くなっていき、やがて、すす病が発生します。また、葉に白く曲がりくねったあとがある場合は、チャノハモグリバエという名前の幼虫が入っているためにおこります。葉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more