テーマ:カビの病気

トマトにできた褐色腐敗病

トマトの葉に、ぼやけたシミができ、よくみると暗褐色の病斑ができてきて、やがて腐っていき白いカビが生えてきます。これは、褐色腐敗病といいます。病原菌は、土壌中にいて、雨や水やりのときの泥跳ねからトマトに伝染するため、梅雨時期はとくに注意してください。水はけが悪く、地表に水がたまりやすいと多発するため、水はけのよい土に植えるようにしましょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナスにやけどのような病斑がでてきたとき

ナスにやけどのような病斑が出てきたときは、褐色腐敗病になった可能性があります。はじめは、ぼやけた不整形で暗褐色の病斑ができ、やがて腐っていき、白いカビが生えてきます。この症状は、感染力が強く被害も大きくなっていきます。この病原菌は、土壌中にいて、雨や水やりのときの泥跳ねから植物に伝染するため、梅雨時期や秋の長雨の時は、要注意です。水はけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モザイク病

モザイク病は、ほうれん草、シソ、トマト、キュウリなどを栽培していると、葉や花弁に濃淡のモザイク模様や斑入りができてきます。そのままにしておくと、株全体が小さくなってきて、やがて枯れていきます。これは、アブラムシによって媒介され伝染していきます。発病した株を吸汁したアブラムシが、ほかの株を吸汁することで伝染するため、感染した植物は地下の球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウイルス病

ウイルスは、生きた細胞の中でのみ増殖し、感染すると葉や花弁にモザイク模様が現れたり、奇形になったりと生育不良を起こします。アザミウマ類やコナジラミ類が吸汁加害して媒介するウイルス病があります。ウイルス病にかかってくると、黄緑色の斑紋が生じてきたり、縮れたりして茎は黒くなって枯れてきます。ウイルス病は有効な薬剤がないため、みつけたら抜き取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斑点細菌病は、伝染しやすいです

私は、レタスを栽培しているときにこれにかかったことがありますが、葉に水や油がしみたように見える病斑がでてきて、そのまま知らずにいると黄色いかさができてきます。これになったら一刻も早く、その部分を取り除きます。注意しておきたいのが、この作業をした手袋からも感染するので、つかった手袋などは、必ず消毒をするか処分をしてください。発病してしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟腐病は、悪臭を放ちます

これは、ダイコンなどを栽培していると、地際の部分が腐敗してきて、その部分が、どろどろになり枯れていき、しばらくしておくと悪臭がしてきます。土壌中の細菌が雨によって、植物の傷口や害虫に食害された部分などから侵入します。この症状が現れたら、すぐに株を抜き取り、このまわりの土も一緒に処分いたします。水はけが悪いと発生しやすいので、水はけをよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根頭がんしゅ病

私は、柿を育てていたときに、これにかかったことがありますが、地際部から根にかけてこぶができてくる病気で、このコブは木が枯れるまでなくなりません。土の中にいる細菌が、植え付けや植え替え時にできた根の傷や接ぎ木の傷口から侵入して発病します。放置しているとこぶが肥大して、やがて木が弱ってきます。この治療はなく、こぶを削り取っても、すぐコブが再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こぶ病とがんしゅ病

これは、樹木の幹や枝などに、こぶができる病気で、大きさはさまざまです。表面がざらざらしていて、こぶは年々大きくなっていきます。温度が高かったり、雨が続く梅雨期などに発生しやすくなります。コブが大きくなったり、数が増えると木が弱り、枝なども枯れてきますので、コブのある枝を発見したら切り取り、ほかに伝染しないように処分します。こぶがついた枝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒腐病

黒腐病は、ハクサイを栽培しているときにかかったことがありますが、葉の縁に黄色い病斑ができてきて、放置しておくと、次第に広がっていきます。この病斑は広がって破れることがあっても軟化したり腐ったりはしません。この対処法ですが、発病した株を見つけたら、周辺の土とともに取り除き、処分します。株間を十分にとり、日当たりと風通しをよくします。この病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かいよう病

これは、梅などを栽培したことがあるひとなら見たことがあると思いますが、梅の果実、茎、葉に淡黄色の盛り上がったコルクのような斑点がつきます。比較的、雨が多いと発生しやすくなります。この被害を受けた葉や落ち葉は、綺麗にとりのぞき、処分してください。葉や落ち葉をとりのぞいているときに、綺麗な葉を傷つけないようにしてください。この病気の発生しや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青枯病

ナスを栽培していると、突然しおれてきて、そのままにしておくとやがて、茎葉が緑のまましおれていくことがあります。よく見てみると根が黒褐色に腐敗し、地際の茎を切ると中が褐色になっております。この状態をよく知らないと、水切れと間違ってしまいます。このしおれたナスの地際の茎を切って、白い汁がにじみでたら青枯病なので、そこで判断してください。青枯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落葉病

私の家には、柿の木があるのですが、以前、この落葉病になりました。葉をよくみてみると、褐色でいろいろな形の病斑が出てきて、しばらくすると、他の葉より早めに落葉します。最初は、小さな斑点でも、徐々に大きくなって広がっていき、赤褐色になったり、黒紫色の円形になったりして落葉します。葉に円形や角ばった病斑ができるカキの円星落葉病、角斑落葉病など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斑点性の病気

私はブルーベリーが好きで、毎年栽培しているのですが、一度この病気にかかったことがあります。葉をみていたら斑点が現れ、しばらく放置しておいたら、徐々に上の葉に広がり、被害が進んでいくと葉が枯れていきます。葉をよくみてみると、褐色や灰白色の斑点が現れておりました。これを放置すると、他の植物にも伝染してしまうと言われたので、発病した部分は取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベト病

ベト病は、ほうれん草を栽培しているときになったことがありますが、葉に黄色でいろいろな形の病斑ができてきて、しばらくすると葉裏に灰色のカビがたくさんできてきます。発病した葉を見つけたら早めに取り除き、処分してください。日当たりをよくし、風通しをよくしてください。ベト病が発生しやすい植物は、ほうれん草、ハクサイ、ネギ、キュウリ、かぼちゃ等で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灰星病

この症状はみたことある人が多いと思いますが、梅を栽培していると、梅の実が茶色いような色になっているときがあると思います。これが灰星病です。水じみのような褐色の病斑がどんどん大きくなっていき、やがて果実全体が腐敗してカビが生えてきます。このままにしておくと、病気になった果実が、しわしわになったまま、木についているので、ここから病原菌が飛び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灰色かび病

灰色かび病になると、水がにじんだようなシミになり、それを放置しておくと灰色のかびに覆われて腐っていきます。このような状態があらわれたら、カビが生えた部分を早めに取り除き、すぐに処分してください。あとは、密植をしないようにして、日当たりをよくし、風通しもよくします。灰色かび病が多く発生する時期は、梅雨時期なので、花弁をこまめにチェックする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根こぶ病

根こぶ病は、私の畑では、チンゲンサイがなったことがあり、葉や株全体が元気がなくなり、しおれてきて根を掘り出してみると枯れています。掘り出した根をよくみてみると、あちこちにコブができております。この根こぶ病は、一度発生すると病原菌が長期間生存するので再び発生するやっかいなものです。発病したチンゲンサイとその根のコブも土中に残さないように抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胴枯病

これは、枝の切り口や害虫の食害痕などから病原菌がはいって、内部から腐敗していき枯れていく病気です。また、ここからカミキリムシなども入っていく可能性があるので、見つけたら早めに処置をすることが大切です。太い枝の剪定を行ったりすると発生しやすくなるので、おこなったあとには、墨汁やロウを塗っておくと病原菌の侵入を防ぐことができます。発生しやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんぐ巣病

てんぐ巣病は、山を歩いている人なら見たことあると思いますが、枝の一部がこぶになり、そこから細い枝がでていて、まるで鳥の巣のようになっている状態のことです。私は、かなり山を歩くので、場所によってはかなり見ることがあります。最初見たときは、鳥の巣かとおもいました。てんぐ巣病は、茂りすぎた枝を剪定して風通しをよくすることです。これになりやすい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つる割病

つる割病は、茎の地際が割れて白いカビが生え、病原菌に侵された根は褐色になって腐ります。この症状を見つけたら、発病した株を抜き取り、その周りの土も一緒に処分します。一度発病してしまうと数年菌が生き残っているので注意してください。つる割病になった株を観察してみると、昼間は葉がしおれ、夜間は元気になりますが、3日くらいたつと全体が枯れてきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炭そ病

炭そ病は、葉に褐色の病斑がでてきて、そのままにしておくと灰色になってきて穴が開いてきて枯れていってしまいます。これを発見したら慌てずに、この近くの落ち葉や褐色になっている葉を取り除いて処分してください。また、剪定をして風通しをよくするのも必要です。この病気が発生しやすいのは、キュウリ・カキ・パンジー・ナンテンなどです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苗立枯病

野菜などを育てていると発芽後に地際が褐色になって、しばらくすると腐って倒れていく病気です。掘り出してみると根も腐っており、これを放置しておくと苗が全滅することもあります。見つけた場合は、早めに株を抜き取り処分してください。病原菌は土の中にいますので、根を傷つけないようにしてください。この病気が発生しやすいのは、ナス・キャベツ・ネギ・キュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とうそう病

とうそう病は、バラを飼育しているとたまになるのですが、葉に黒い斑点がたくさんできてきて枯れてきます。どんどん増えていくとバラの見た目が悪くなってきます。これをみつけたら黒い斑点ができている葉の枝を切り取って処分してください。そして下をよくみると落ち葉もあるのでそれも処分してください。バラの茂りすぎた枝葉を剪定して風通しと日当たりをよくし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうか病

そうか病は、ミカン・トマト・イチジクなどの果実にいぼ状の斑点ができる病気で、がさがさしたかさぶた状になります。この病状になると雨がふったりすると、どんどん広がるので雨除けをして予防します。剪定をして日当たりと風通しをよくしておきます。そうか病になっている果実・葉はみつけたら素早く取り除き、落ちている葉や果実も綺麗に処分します。6月頃から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白絹病

白絹病は、根の周りに白いカビが生えた状態になり、これが広がってくると根の生育が悪くなってきます。株元付近に白い絹糸のようなカビがたくさん生え、根元部分は水がしみたようになって腐り、やがて倒れます。これを防ぐには、水はけをよくして、発病した株はまわりの土とともに掘りあげて処分します。これになりやすいのは、ナス・イチゴ・ネギ・エダマメなどで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すす病

すす病は、葉の表面にすすのような黒いカビが生えるので見たらすぐにわかるかと思います。このカビは植物に直接寄生せずにアブラムシなどの排泄物を栄養にして繁殖していきます。すす病の原因となっているのは、アブラムシ・カイガラムシなどが原因なのでみつけたら駆除していきます。多くついている葉を切りとり、落ち葉も処分します。日当たりや風通しが悪いとど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縮葉病は、葉がよじれたりします

縮葉病は、桃の木を育てたことがある人なら見たことはあると思います。縮葉病は芽吹きから葉が開く時期にだけ発生しております。開いて間もない若い葉が縮れて膨らんで紅色に変わってきて最後に白いカビが発生します。火ぶくれのように赤くなって膨らみますのですぐにわかるかと思います。これを見たら病葉は元から切りとって焼却処分するのがよいでしょう。これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白サビ病は、葉に白い斑点

白サビ病は、キク科・アブラナ科の葉に白い斑点が出てきてやがて枯れてしまう病気です。白サビ病は、葉の表面には胞子をつくらず、裏面に盛り上がった乳白色のいぼ状の斑点がでてきます。これの対策としては、株間を十分にあけて日当たりと風通しをよくします。枯れた落ち葉の中の病原菌も伝染源になるため、被害にあっている葉や落ち葉は処分しましょう。発生しや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さび病は、さびが出たような斑点

さび病の斑点は、もりあがり表皮が破れて中から粉状の胞子が飛び散り周囲に伝染します。よくみると葉の表と裏にさびがでたような斑点が多くあります。対策としては風通しをよくし込み合わないようにして丈夫に育てます。雨のはねあがりも気をつけるようにしてください。発病した株は早めに除去しいつまでも植えたままにしないことが大事です。私は、さび病が出たら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球根腐敗病と乾腐病とは?

球根腐敗病・乾腐病はどちらも球根植物に多く発生するので、チューリップやユリの球根に見られます。これは、球根が土の中で糸状菌に侵され、茎や葉が黄変して枯れる病気です。球根腐敗病になると葉は外側から徐々に黄変してしおれ、病原菌に感染した球根は、掘りあげた後も病気が進んでしなびていきます。乾腐病は、イモなどに発生して部分的にへこんだ病状がでま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more