テーマ:観葉植物

シクラメンにいた小さな虫

シクラメンに小さな虫がたくさんいたことがあります。黄緑色の小さな虫が葉に群がって吸汁していくので、やがて褐色の斑点になって見にくく残るようになっていきます。知らないでおくと、葉全体が白っぽくなって生育が悪くなっていきます。この小さな虫は、ハダニになりますので、湿気を嫌い、乾燥を好むので、ときどき葉水をかければ増えるのを防ぐことができます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャコバサボテンについた白い虫

シャコバサボテンを持っている人は、多いと思います。このサボテンには、たまに、白くて小さな虫がたくさんつくときがあります。これは、サボテンシロカイガラムシで、2mmくらいの虫で、吸汁加害していくので、数が多くなってくると、すす病などになって汚れていきます。全体もきたなくなり生育も悪くなってきます。近年の温暖化でかなり増えてきたと思います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズの葉にまだら模様がでてきたとき

クリスマスローズの葉にまだら模様がでてきたときがあります。これは、モザイク病といって、名前の通り、葉が、まだら模様になっていきます。ウイルスが原因で発生する病気で花弁や葉にまだら模様がでてくるのが特徴になります。ひどくなると株全体の生育がわるくなっていきます。これは、かかってからの防除はできないので、発病してしまったら株を抜いて処分して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菊の花に、アブラムシがたくさんいました。

去年、菊の花をみていたら、赤褐色の小さな虫がたくさんいました。よく見てみるとアブラムシがたくさんついておりました。アリもたくさんいて、なんだか気持ち悪かったです。若葉、花茎などにびっしりとついているので、このままだと、すす病になってしまうと思ったので、薬をまいて退治しておきました。あっという間にいなくなったので、菊の花の状態もよくなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キキョウにいた黒い虫

キキョウの葉に黒い小さな虫がたくさんいました。これは、クロウリハムシといって、頭や腹がオレンジ色になっていて、背中が黒くなっております。この虫は、花や葉を食害していきますので、そのままにしておくと丸坊主にされます。この虫の幼虫は、根を食害していくので、生育がわるくなっていきます。温暖化の影響で、この虫の数も多くなってきたので、注意しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガーベラについた、うどんこ病

ガーベラの葉に、うすい白いカビのような斑点ができてきて、そのままにしておくと、うどん粉をふりかけたように広がっていきます。そのままにしておくと、全体に広がっていき、葉、花、新芽、花茎などがおかされてきます。対策としては、病気になった葉は、切り取りすぐに処分します。選定をして風通しをよくしてあげるとよいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーネーションにあつまった小さな害虫

以前、カーネーションに小さな黒い虫がたくさん集まっていたことがあります。この黒い虫は、クロウリハムシといって、頭や腹がオレンジ色で背中は黒い光沢のある害虫になります。この虫は、新芽、葉、花を食害していきます。どんどんやってくるので、花を食べつくされたことがあります。注意してください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オイランソウ

オイランソウの葉に、白いカビが生えることがあります。これは、うどん粉病と言って、粉を振りかけたように白くなっていきます。特に葉や新芽などに多く発生します。これをそのままにしておくと、全体が白いカビで覆われてくるので、光合成が妨げられて生育が悪くなっていきます。被害を受けた株は株元から切り戻し、落ちた葉もすべて処分します。被害にあっていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウイキョウ・ディル

ウイキョウ・ディルには、春になると幼虫がいることがあります。この幼虫は、葉を食害していくので、あっという間に葉がなくなります。私の家でも気がつかずにいたら、葉脈を残して丸坊主にされてしまいました。この幼虫は、あの綺麗な蝶で有名な、キアゲハの幼虫になります。成虫が飛んでいたら注意し、幼虫は見つけ次第、捕殺してください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インパチェンスつくチャノホコリダニ

インパチェンスにチャノホコリダニがたくさんいることがあります。これは、成虫、幼虫が新葉や新芽などの部分について吸汁するため、生育が悪くなっていきます。そのままにしておくと花が咲かないこともあります。チャノホコリダニは、高温期に発生するので、密植をさけ、剪定して風通しをよくしておきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more