アザミウマ類はよくネギにいます

アザミウマ類は、よくネギに傷をつけて吸汁するので吸汁された痕は白くなって色が抜けています。この虫は、スリップスとも呼ばれており約2mmくらいの細長い小さな虫です。とても小さいので分かりにくいですが、ネギの状態をみて判断しましょう。幼虫も成虫も吸汁加害します。この虫は、太陽の反射光をとても嫌うのでシルバーマーチなどで成虫の飛来を防ぐことができます。除草もまめにして、葉水をかけて感想を防いだ方がいいです。花ガラも早めに摘み取ったほうがよいです。ほおっておくとあっというまに、全部のネギが白くなってしまいます。他に、キュウリ・ナス・トマト・ネギにも発生する害虫です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック