カボチャ

カボチャを栽培していると葉にうどん粉のような白いカビがたくさんあるときがありますが、このような状態になると、うどんこ病になっております。放置しておくと、葉全体が白くなりやがて葉が枯れてきます。これを防ぐには、日当たりと風通しを良くして、被害にあった葉を取り除きます。窒素分が多いと軟弱になり発生しやすいので注意してください。あと、葉に緑色と黄色が混じったような病斑ができてきたら、モザイク病になっている可能性があります。放置しておくと葉が変形して果実は奇形になってくることがあります。これはアブラムシが媒介するので成虫の飛来を防止します。モザイク病が発生した株は抜き取って処分してください。この時使用したハサミで他の植物に使用しないでください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック