ソラマメ

ソラマメを育てていると、春に、葉に黄色や緑色がまじったような症状があらわれ、そのまま放置しておくと、育ちが悪くなっていきます。この原因となっているのがアブラムシなので、発生する時期には、アブラムシが寄ってこないようにすることが大切です。市販の良い駆除剤があるのであらかじめ吹き付けておくとよいです。このアブラムシがいると新芽や茎葉、さやなどにたくさん群がってつき、吸汁して株を弱らせていきます。吸汁されるとウイルスが媒介されるので早めに駆除してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック