ピーマンの栽培でおこること

ピーマンを栽培していると、葉に緑色でモザイク状のような模様ができてきたり、葉が変形したり細くなってきたりすることがあります。これは、モザイク病といいアブラムシが媒介することでおこりますので、アブラムシの駆除はこまめにおこなってください。あと、カメムシがたくさんいることがありますが、このカメムシは、ホオズキカメムシといって幼虫と成虫が茎に群がっており、茎を吸汁します。このためピーマンの生育が悪くなっていきます。これも、こまめに見て発見したらその場で捕殺しましょう。成虫の体をつよくつかむとガスをだしますので注意するようにしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック