モミジ

モミジを植えてあると、たまにいろいろな症状がでるときがあります。新芽や葉にうどん粉のような白いカビに覆われていることがあります。これは、うどんこ病といってそのままにしておくと葉が変形したり、新芽が伸びなくなってきて生育がわるくなり枯れていきます。早めに病気の葉や落ち葉を処分し、茂りすぎた枝葉は剪定し、風通しをよくしてあげます。
あと、ゴマダラカミキリがいるときがありますが、ゴマダラカミキリの幼虫が幹に侵入して木の内部を食害し、この幼虫の被害が進むと枯れていきます。成虫を見つけたらすぐに捕殺してください。日頃から枝がしおれていないか、木屑がでている穴がないかをチェックします。枯れている木は、すみかになるので、すぐに処分してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック