桜の木の気になる症状

桜の木を植えていると、いろいろと気になる症状がでてくることがあります。桜の葉に小さな褐色の斑点が多数でき、やがて斑点の中心に穴があくようになってきます。これは、穿孔褐斑病になりますので、茂りすぎている枝葉を剪定してください。落ち葉は、綺麗に集めて処分してください。あと、枝の一部がふくらんで、そこからたくさんの小枝が発生するときがありますが、これは、てんぐ巣病といって、多発すると木が衰弱していきます。ふくらんだこぶごと切り取りましょう。木が茂りすぎているときは、剪定して風通しをよくしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック