シラカシ

シラカシの葉の表面に淡黄色の病斑がでてくることがあります。これは、紫かび病といって、葉裏に、はじめ白い粉がつき、やがて黒褐色の色になっていき、見た目も悪くなっていきます。これが発生してしまうと、増えていってしまうので、発病した葉や落ち葉は、すぐに処分してください。風通しがよいように剪定をしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック