オイランソウ

オイランソウの葉に、白いカビが生えることがあります。これは、うどん粉病と言って、粉を振りかけたように白くなっていきます。特に葉や新芽などに多く発生します。これをそのままにしておくと、全体が白いカビで覆われてくるので、光合成が妨げられて生育が悪くなっていきます。被害を受けた株は株元から切り戻し、落ちた葉もすべて処分します。被害にあっていないオイランソウは、剪定をして日当たりと風通しをよくしてください。

"オイランソウ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント